トップページ 報道発表


報道発表


「スギバイオリン」がウッドデザイン賞2017の入賞作品として
選ばれました!


 樹齢約270年生の県産優良スギ材を用いた「スギバイオリン」がウッドデザイン賞2017の入賞作品として選出されました。

 最優秀賞、優秀賞、奨励賞の各賞については、11月20日に発表されます。

 今後、 12月7〜9日かけて、東京ビッグサイトで開催されるエコプロ 2017内において、ウッドデザイン賞の受賞作品として展示予定です。

          

スギバイオリンについて  平成27〜28年度にかけて奈良県森林技術センターが県産優良材を用いて開発したバイオリンです。一般的にバイオリンはトウヒやカエデなど数種類の外国産材を用いて製作され、特に、バイオリンの音の善し悪しを大きく左右する「表板」という部品の材料の選定は慎重になされています。この「表板」等にバイオリン製作者の見立てと奈良県森林技術センターが実施した試験により選別した川上村産の樹齢270年生の県産優良スギ材を用いて製作したバイオリンです。
ウッドデザイン賞  ウッドデザイン賞は、木の良さや価値を再発見させる製品や取組について、特に優れたものを消費者目線で評価し、表彰する新しい顕彰制度です(ウッドデザイン賞2017HPより抜粋)。