トップページ > 【センターの概要】- 試験研究の概要

平 成 30 年 度  試 験 研 究 体 系

 

当センターでは、以下の3つの重点目標を掲げ、

それを達成するために個々の課題に取り組んでいます。

 

    ア. 環境資源としての森林・樹木の保全・管理技術の開発
    イ. 地域活性化のための林業技術および特用林産物の生産技術の開発
    ウ. 木材の需要拡大のための加工・利用技術の開発
        

 

 

 

ア. 環境資源としての森林・樹木の保全・管理技術の開発


ツリー 堅果類豊凶調査
ツリー ツキノワグマの生息数調査−カメラトラップ調査による−
ツリー コンテナ苗生産技術の検討 

 

 

 

イ. 地域活性化のための林業技術および特用林産物の生産技術の開発


ツリー 従来型架線システムの作業効率の改善

 

 

 

ウ. 木材の需要拡大のための加工・利用技術の開発


集成材の適正接着条件の解明と接着はく離補修技術の開発
奈良県産スギ・ヒノキ造作材の材色に配慮した乾燥方法の開発 
県産優良スギ材の音響特性評価と商品開発
 奈良県産スギ・ヒノキ材を用いた防音フローリングの開発
スギ大径材の加工技術の検討

 

 

 

共同研究事業


突然変異を活用した生産環境と消費者ニーズに優位な食用きのこ新品種の開発
高級菌根性きのこ栽培技術の開発
要求性能に応じた木材を提供するため、国産大径材丸太の強度から建築部材の強度を予測する技術の開発