トップページ > 【情報発信】- センターだより

  奈良県森林技術センターだより

 

奈良県森林技術センターでは、年3回(4月、8月、12月)、センターだよりを発行しています。

 ・記事及び写真の無断転載を禁じます。

 ・PDFファイルのダウンロードには時間がかかることがあります。

PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は、
Adobe Readerダウンロードページへ(無料配布)  



  最 新 号  
バックナンバー

NO.122(2017年4月発行)
ページ コーナー 内   容
1 〈表紙〉 「奈良県産スギ材の野外耐蟻性試験」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 奈良県産スギ材の野外耐蟻性試験
4〜5 〈研究ノート〉 スギ柱材の高温セット乾燥における選別の効果 
6 〈試験研究だより〉 奈良型木材搬出機械について
7 〈試験研究だより〉 県産優良スギ材を用いたバイオリン開発について その1
8 〈ミニ・ニュース〉 ◎第293回木質材料部門委員会定例研究会

◎第67回日本木材学会大会

◎木材利用課 寺西康浩指導研究員が2016年度日本木材学会技術賞を受賞

◎第128回日本森林学会大会
 他

NO.121(2016年12月発行)
ページ コーナー 内   容
1 〈表紙〉 「保存処理木材と金属の相性」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 保存処理木材と金属の相性
4 〈試験研究だより〉 野生鳥獣被害の農業・林業集落アンケート調査について 
5 〈試験研究だより〉 効率的なコンテナ苗の生産技術確立を目指して
6 〈試験研究だより〉 ペレット生産用スギ丸太の天然乾燥について
7 〈トピックス〉 森と木の一日体験
8 〈ミニ・ニュース〉 ◎奈良県森林技術研究評議会

◎成果発表会

◎第34回日本木材加工技術協会 年次大会

◎第22回「野生生物と社会」学会大会

◎宝蔵院流槍術の樫苗植樹活動における成育管理指導協定書の締結

NO.120(2016年8月発行)
ページ コーナー 内   容
1 〈表紙〉 「ナラ枯れによる枯死木の薪への利用」ほか
2〜5 〈研究ノート〉 ナラ枯れによる枯死木の薪への利用

木ねじおよび木ダボを用いたスギ厚板床の開発
6 〈試験研究だより〉 スギ集成材の15年間屋外暴露の結果
7 〈トピックス〉 森林林業体験学習における講師派遣(人材バンク)、作業用具・資材貸出について
8 〈ミニ・ニュース〉 ◎人事異動(4月1日現在)(ほか以下4件)

◎今年度の研究課題

◎木材利用課 寺西指導研究員に学位が授与されました

◎(公益社団法人)日本木材保存協会第32回年次大会

◎「木と住まいの大博覧会」への出展

NO.119(2016年4月発行)
ページ コーナー 内   容
1 〈表紙〉 「スギ・ヒノキの天然乾燥の様子」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 集成材製品における接着はく離の非破壊検出
〈試験研究だより〉 スギ・ヒノキ正角に対する天然乾燥試験
5〜7 〈トピックス〉 コンテナ苗植栽試験について

山菜と間違えやすい毒草

設備紹介・・・走査電子顕微鏡
〈ミニ・ニュース〉 ◎第66回日本木材学会大会(ほか以下2件)

◎日本木材学会 地域木材産業研究会・木材と水研究会 合同研究会

◎第127回日本森林学会大会

NO.118(2015年12月発行)
ページ コーナー 内   容
1 〈表紙〉 「補強板をねじ留めしたスギ厚板耐力壁の耐震実験」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 シカの糞の分解消失に関わる食糞性コガネムシの分布
4〜5 〈試験研究だより〉 補強板をねじ留めしたスギ厚板耐力壁の耐震実験

奈良県産スギ材に関する意識調査
6〜7 〈トピックス〉 樹木の診断のポイント

森と木の一日体験
〈ミニ・ニュース〉 ◎奈良県森林技術研究評議会(ほか以下4件)

◎成果発表会

◎第21回「野生生物と社会」学会大会

◎伊藤貴文所長が(公社)日本しろあり対策協議会で全国表彰

◎日本木工機械展ウッドエコテック2015年に出展

NO.117(2015年8月発行)
ページ コーナー 内   容
1 〈表紙〉 「各種木ねじによるスギ厚板の1面せん断性能」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 各種木ねじによるスギ厚板の1面せん断性能
4〜5 〈試験研究だより〉 簡易で効果的なシロアリ検出方法

ナラ枯れ被害材の活用(その2) シイタケ原木としての利用
6〜7 〈トピックス〉 奈良型木材搬出機械について

「吉野林業」が一般社団法人 日本森林学会の2014 年度「林業遺産」に認定される
〈ミニ・ニュース〉 ◎人事異動(4月1日現在)

◎今年度の研究課題

◎(公益社団法人)日本木材保存協会第31回年次大会


 NO.116(2015年4月発行)  
ページ コーナー 内   容
1 〈表紙〉 「伯母子岳地域の冷温帯落葉広葉樹林における鳥類の生息状況」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 伯母子岳地域の冷温帯落葉広葉樹林における鳥類の生息状況
4〜5 〈試験研究だより〉 奈良県内で木材を腐朽させる菌(3)腐朽力

超音波を使用した集成材接着はく離の検出
6〜7 〈トピックス〉 森林の循環利用による林業の成長産業化をめざして

自伐林業のすすめ
〈ミニ・ニュース〉 ◎第65回日本木材学会大会

◎第126回日本森林学会

◎第20回「野生生物と社会」学会大会

◎成瀬達哉主任研究員が木材乾燥士資格検定試験に合格

ページの先頭へ


2014年(113〜115)
 NO.115(2014年12月発行)
ページ コーナー 内   容
1 〈表  紙〉 「各種木ダボによるスギ厚板の2面せん断性能」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 各種木ダボによるスギ厚板の2面せん断性能
4〜5 〈試験研究だより〉 イエシロアリとヤマトシロアリ(最終回)

胞子をほとんど作らないシイタケ
6〜7 〈トピックス〉 ペレットストーブで経費削減!

森と木の一日体験
〈ミニ・ニュース〉 ◎奈良県森林技術研究評議会

◎成果発表会

◎奈良県試験研究機関長会議

ページの先頭へ

 NO.114(2014年8月発行)  
ページ コーナー 内   容
1 〈表  紙〉 「蒸気高周波複合乾燥を行ったスギ心材の野外耐久性」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 蒸気高周波複合乾燥を行ったスギ心材の野外耐久性
4〜5 〈試験研究だより〉 スギチップの天然乾燥試験

東大寺知足院ナラノヤエザクラの後継樹苗育成
6〜7 〈トピックス〉 里山林の循環利用に向けて

次世代の林業を目指した新たな林業機械の開発状況
〈ミニ・ニュース〉 ◎人事異動ほか(下記4件)

◎寺西康浩主任研究員が技術士(森林部門)二次試験に合格

◎柳川靖夫総括研究員が日本木材学会論文賞を受賞


◎日本哺乳類学会2014年度大会

◎今年度の研究課題

ページの先頭へ

 NO.113(2014年4月発行)  
ページ コーナー 内   容
1 〈表  紙〉 「ミヤマイラクサの種子発芽」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 ミヤマイラクサの種子発芽
4〜5 〈試験研究だより〉 木質耐火壁の材料の開発

野外で木材を何年使いたいですか?
6〜7 〈トピックス〉 アメリカカンザイシロアリにご注意

施業放置林における強度間伐後の下層植生の回復状況
〈ミニ・ニュース〉 ◎平成25年度 奈良県森林技術センター研究成果発表会

◎第64回日本木材学会大会

◎第125回日本森林学会

ページの先頭へ

2013年(110〜112)
 NO.112(2013年12月発行)
ページ コーナー 内   容
1 〈表  紙〉 「幅広集成材を筋かいに使用した耐力壁の開発」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 幅広集成材を筋かいに使用した耐力壁の開発
4〜5 〈試験研究だより〉 テーダマツ製材品の乾燥試験

放置された里山林の皆伐萌芽更新試験(その2)
6〜7 〈トピックス〉 ナラ枯れ被害材の活用(その1)キノコ原木としての利用

森と木の1日体験(森林技術センターイベント)
〈ミニ・ニュース〉 ◎奈良県森林技術研究評議会

ページの先頭へ

 NO.111 (2013年8月発行)
ページ コーナー 内   容
1 〈表  紙〉 「黒滝村赤滝の森林の哺乳類相」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 黒滝村赤滝の森林の哺乳類相−自動撮影カメラによる調査−
4〜5 〈試験研究だより〉 ・スギおよびヒノキ磨き丸太の強度性能を測定する

・奈良県内で木材を腐朽させる菌 (2) 活動時期
6〜7 〈トピックス〉 ・効率的な間伐材の搬出事例について

・ホンシメジ菌株の菌根形成能力について
〈ミニ・ニュース〉 ◎人事異動

◎今年度の研究課題


◎ (公益社団法人) 日本木材保存協会第29回年次大会

ページの先頭へ

   NO.110(2013年4月発行)
ページ コーナー 内   容
1 〈表  紙〉 「シオデの種子の重さと発芽率」ほか
2〜3 〈研究ノート〉 シオデの種子の重さと発芽率
4〜5 〈試験研究だより〉 森林病害「スギこぶ病について」

放置された里山林の皆伐萌芽更新試験
6〜7 〈トピックス〉 イエシロアリとヤマトシロアリ(その4)

第6回木質科学分科会の奈良県開催
〈ミニ・ニュース〉 ◎第63回日本木材学会大会
◎日本クマネットワーク公開シンポジウム
◎小学校できのこ栽培学習の開催
◎3月31日をもって下記の職員が退職しました。



ページの先頭へ



センターだより バックナンバー

最 新 号
2014年(113〜115) 2013年(110〜112) 2012年(107〜109)
2011年(104〜106) 2010年(101〜103) 2009年(98〜100)
2008年(95〜97) 2007年(92〜94) 2006年(88〜91)
2005年(84〜87) 2004年(80〜83) 2003年(76〜79)
2002年(72〜75) 2001年(68〜71) 2000年(63〜67)


ページの先頭へ