ワ サ ビ の 話 (その4)
森林資源課 倉 谷 幸 作

 ワサビの話も今回で最終回です。最後は奈良県内でのワサビ栽培の現状です。
奈良県でもワサビの栽培が行われている。
 ご存じでしょうか?、奈良県でもワサビが作られています(写真1)。

畑ワサビ
写真1 林内での畑ワサビ栽培(十津川村)

 本格的な畑ワサビの栽培は歴史が浅くまだ10数年です。しかし昭和20年代には月ヶ瀬村あたりでかなりの栽培が行われていたようですが、現在は残っていません。また、沢ワサビの栽培は十津川村において明治時代から行われていたようです。
 現在行われている畑ワサビや沢ワサビ栽培は、吉野郡や宇陀郡を中心に13の市町村で行われています。
 平成12年度における奈良県内での栽培面積は、畑ワサビ約3.6ha、沢ワサビ約1ha、生産量は畑ワサビ約10t、沢ワサビ約1tです(表−1)。

表1 奈良県におけるワサビの栽培面積および生産量(平成12年)
市町村
 
沢わさび 畑わさび生産者数
(人)
  備  考
 
面積(m生産量(Kg)面積(m 生産量(Kg)
奈良市
菟田野町
榛原町
御杖村
東吉野村
川上村
上北山村
下北山村
西吉野村
大塔村
野迫川村
天川村
十津川





70
200



3,510

3,438






50



774

28
606
300
500
7,100
500


15,000
2,000
300
3,100
1,360
5,062
147


1,127



5,500


1,550
565
1,529
8

2
5
2
1
1
1
1
2
5
5
6







花芽120Kg




花芽 277Kg
合 計7,21885235,82810,41840花芽 397Kg

 生産されるワサビの内畑ワサビのほとんどは練りワサビ用等の加工用原料に、沢ワサビは生食用に出荷されています。
 一方、全国でのワサビの生産状況は、沢ワサビでは長野県と静岡県が、畑ワサビでは長野県と島根県が3大産地で以下岩手県、鳥取県 と続きます。栽培面積は約728ha、生産量は約3,600tとなっています(表−2)。

表2 全国のワサビ栽培面積及び生産量の上位県 (平成8年林野庁資料)

 
沢ワサビ畑ワサビ合   計
栽培面積生産量栽培面積生産量栽培面積生産量
長野県791,368792321581,600
静岡県13869713159151856
島根県29436813097173
岩手県21213617957194
鳥取県101212019132
全国計3882,4063401,1717283,577

( 単位 栽培面積:ha 生産量:t)

 また、最近は外国で生産されるワサビも増加しています。台湾・タイ・インドネシア・中国等から輸入されています。更には、ニュージーランド、オーストラリア、ベトナム、ブータン、アメリカでも栽培されているようです。今後は海外から大量に輸入されるようになるかもしれません。
まとめ
 ワサビは日本人の食生活には無くてはならない植物です。食欲増進はもとより脳血 栓や心筋梗塞の原因になる血栓の生成を抑制する「抗血小板作用」、「制ガン作用」など、病気に対する効能も注目されています。このようなワサビに秘められた優れたパワーを見直していただき、みなさんも今まで以上にワサビと仲良くなっていただければと思います。
 また、奈良県では各地で畑ワサビの栽培が行われています。畑ワサビ栽培は沢ワサビ栽培に比べ、適地が多く、畑を作る手間も少なく、比較的容易に作ることが出来ます。また、中山間地域の貴重な現金収入源としても有望視されています。ワサビに対する需要は増加傾向にあります。ワサビに興味のある方は、畑ワサビ栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。(おわり)
参考資料
・新特産シリーズワサビ 栽培から加工・売り方まで(星谷佳功・農文協)
・わさびはツ〜ンと効く〜辛味成分が食欲と健康をパワーアップ〜(川岸舜朗・ハート出版)
・ワサビ栽培(足立昭三・秀潤社)

 
目次へ戻る