トップページ > 【情報発信】- 月別の庭木の手入れ > 6月

 月 別 庭 木 の 手 入 れ
 6 月の庭木の手入れ

6月は入梅の季節であり、みずみずしい新緑の季節であり植物は一年で最も旺盛に成長を始めます。また、湿度、温度とも上昇し、病虫害が発生しやすいので対策が必要となります。


水やり

もし空梅雨で庭土が乾燥しているのでしたら、週に一度午前中に水やりをします。


庭木・花木の植え付け 

庭木は園芸品種が多くその増殖はさし木が最も一般的でこの時期は梅雨ざしと呼ばれます。特に雌雄異株で実をたのしむもの、斑入りなどはさし木をします。容易なものとしてアオキ、アジサイ、カナメモチ、キンモクセイ、クチナシ、ツツジ類、ツバキ、サザンカがあります。


剪定 

花の終わったツツジ、サツキの剪定をおこないます。これらは夏に花芽を形成するので花後が剪定の適期となります。但し、玉もの仕立てで大きくなりすぎたものは深く刈り込んで玉を小さくします。また、茂りすぎて込み合った物は枝すかしをして風通しをよくします。

病虫害の防除

 気温の上昇、空中湿度の上昇に伴って害虫の活動が活発になってくるので葉の裏をよく観察してください。マツカレハは終齢に向かい大きな毛虫となるので薬剤は効かないので捕殺します。枝に保護色となって着いているのでよく目をこらさないと発見は困難です。うどんこ病は病落葉があると空気中に胞子が飛び出し、新葉に感染するので、すべて集めて焼却処分して感染源を断ちます。防除は展開した新葉にトリフミンM水和剤の3000倍を散布します。散布は少なくとも10日おきに3回以上は必要です。

 

 

(森林資源課)

月の選択画面へ