トップページ > 【情報発信】- 月別の庭木の手入れ > 1月

 月 別 の 庭 木 の 手 入 れ
 1月の庭木の手入れ

 冬になると落葉樹は葉もすべて落ちてしまい、庭も少し殺風景になっています。この冬の間に剪定を済ましておきたいものです。ハナミズキなどの花木は、花芽を確認しながら行ってください。花芽は、葉芽に比べ丸くずんぐりむっくりしています。また枝、幹には害虫の卵塊がたくさん着いているのに気付かれるでしょう。見つけ次第樹皮に傷を付けないように、剪定はさみの背で潰してください。春からの集団発生の予防になります。卵塊は卵が裸出している場合と成虫の体毛で覆われている場合がありますので注意して観察してください。3mmほどの丸い白い固まり状をしたツノロウムシ(カイガラムシの仲間です)が枝に付いています。これも必ず取り除いておきましょう。一方、常緑樹が相対的に目立ってきますが、常緑樹の剪定は、葉が成長して固まった状態になった初夏から行います。常緑樹にも多くの害虫が産卵しています。枝葉で隠れて見つけにくいですが、丹念に探し出しましょう。春からの被害軽減に繋がります。落葉樹、広葉樹の枝幹ばかりではなく、植木鉢などにもイラガのさなぎが付いています。ウズラの卵を1cmほどの大きさにした縞模様が美しい堅いさなぎです。これらも潰しておきましょう。葉の葉脈に沿って白い小さな星形をしたカメノコロウムシ(これもカイガラムシの仲間です)が付いています。見つけ次第葉ごと切り取りゴミとして焼却処分に出してください。

 冬の間に寒肥を施しておきましょう。庭全体にほぼ1m間隔で穴を掘り、牛糞堆肥や発酵油かすを穴の容積の2〜3割を混ぜて埋め戻しておきます。穴を掘ることによって庭樹の根系が一部切られますが、「断根」の働きで根に刺激を与え、細根が多数発生してきます。また有機質の肥料で庭土の保肥性、保水性などの改良にもなります。毎年場所を変えて行ってください。

(森林資源課)


月の選択画面へ戻る