奈良県森林技術センター

新着情報


平成25年度 奈良県森林技術センター研究成果発表会を開催しました


テーマ

里山再生のために 
〜里山の持続的管理と利用を目指して〜 



平成26年2月21日(金)13時30分〜17時に、独立行政法人 森林総合研究所関西支所との共催で
当センターの林業研修館において

【平成25年度 奈良県森林技術センター研究成果発表会】

を開催しました。
今回は、近年里山が脚光を浴びているということで
里山に関する様々な視点からの課題や話題を提供させていただくことになり、当日は県内はもとより中部・近畿・中国・四国地区の各府県からも多数参加され、盛大に開催することができましたのでその概要をお知らせします。

【特別講演
「里山林再生をめざした社会実験」
  独立行政法人 森林総合研究所関西支所 主任研究員 奥 敬一氏

【成果発表】
◆竹材を主成分とするバイオマスプラスチックの開発
  森林技術センター 副所長 伊藤 貴文

◆ニホンジカが冷温帯落葉広葉樹林において中大型獣と林分構造に与えた影響
  森林資源課 主任研究員 若山 学

【話題提供
◆竹材の利用と流通 鹿児島・福岡県の事例紹介
  木材利用課 総括研究員 増田 勝則

◆奈良県における木質バイオマス実証実験事業
  奈良の木ブランド課 課長補佐 室垣内 清明

◆萌芽更新による里山林の再生
  総務企画課 主任研究員 迫田 和也

【発表の概要】


【展示】
研究概要のポスター展示 10枚

【参加者】
102名

【会場状況】


また、当日の様子を「奈良県インターネット放送局:県政フラッシュ(2014年2月21日)」の動画でも一部ご覧いただくことができます。


県政フラッシュ http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=17258

(※予告なく削除させていただく場合がございますので、あらかじめご了承下さい。)

トップページへ